石井 敬太。 「ラグビーで花園も経験」。伊藤忠の新社長、石井氏はどんな人?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

商社の深層:非資源商社ナンバー1の伊藤忠が次期社長に脱化石のエースを送りこんだワケ

🤪 岡藤氏は「いろいろな経験が彼(鈴木新社長)の力になっている。 この言葉と反対に、岡藤会長CEOは社長在任8年の後、会長CEOに就任して3年が経ち、今71歳だが、留任となった。

鈴木善久社長COO(65)は代表権のない副会長に就く。

伊藤忠商事、新社長の「驚きの人事」に会社は騒然…! 本人が語った「胸の内」(現代ビジネス)

🤞 部門にとらわれず、顧客ニーズをもとに新たなビジネスをつくる「マーケットイン」型への組織転換を目指す。

16
「電力会社や鉄鋼会社と付き合えないと商社ではない」と言われる中、伊藤忠もLNGや石炭・鉄鉱石などの事業を手掛けてきた。 脱化石が世界的なトレンドになるなかで、資源エネルギーに変わる収益源を作るのは商社共通の課題なのだ。

伊藤忠の社長交代で透ける「岡藤会長」の存在感 成長のカギを握るファミマ経営陣もテコ入れへ

☯ しかし、「寄り合い所帯ゆえに岡藤氏が一方的に支配しようとすると空中分解する」(前出ファミリーマート幹部)との懸念がある。 昨年7月、伊藤忠はファミリーマートを株式公開買い付け(TOB)で完全子会社化することを決めたが、その背景にはこの幹部が言う「ファミマから売れ筋情報や顧客のデータ、売り上げ状況などが上がってこない」といういら立ちがあった。 株式相場で見ると、明るい未来が作れるかどうか、たとえばAIやディープラーニングへの投資や再生エネルギーなどのESG投資に目を向けているのがわかる。

10
2000年頃には1000社ある事業会社のうち黒字会社は約6割だったが、2020年3月期には事業会社を300社弱にまで減らし、黒字会社比率は約9割に達した。 ファミリーマートは人工知能(AI)を搭載したロボットを活用した商品補充を検討しているほか、2021年春には従業員のいない無人店舗を都内で開く。

伊藤忠社長に石井専務執行役員が昇格、岡藤会長は続投

☘ 2018年にはエネルギー・化学品カンパニーのトップに就任した。

岡藤氏の描くマーケットインを重視する次世代の伊藤忠にとって、ファミマの事業強化・活用はグループのさらなる成長へのカギを握りそうだ。 ・日本でも導入の検討の議論が始まっているSPACの良し悪しについては、かなり懐疑的に見ている。

伊藤忠、初の女性社長誕生の可能性…熾烈な社長争いの舞台裏

👇 肝煎り新組織で「縦割り」打破へ その岡藤氏が目下、強く必要性を唱えているのがビジネスモデルの転換だ。

15
第8カンパニーは情報・金融に軸足 そのファミマには、19年7月に岡藤CEOの肝入りで設立された伊藤忠の小売り関連のグループ会社を束ねる第8カンパニートップの細見研介執行役員(58)が3月1日付けで社長に就任する人事が同日発表された。

伊藤忠の社長交代で透ける「岡藤会長」の存在感

☺ すべての中小企業で収益性の改善が広がっているわけではないが、225銘柄などの大企業を中心に、ビジネスモデル変革と収益性の改善が見られている。

4
伊藤忠商事の次期社長に就任する石井敬太専務執行役員 伊藤忠商事は1月13日、鈴木善久社長COO(最高執行責任者、65歳)が代表権のない副会長となり、石井敬太専務執行役員(60歳)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。 終値は2182. CITICの事業に見通しが立つまでとなると、「20年まで社長を続けても時間切れとなる」(前出の若手幹部)可能性が高いが、岡藤氏の性格からして、中途半端に辞めることはできなかったということだ。

伊藤忠の社長交代で透ける「岡藤会長」の存在感

🐾 1986年には石油精製事業から撤退した。 つまりほとんど投資に回っていて、個人投資家がレバレッジをかけている。

14
昨年4月には訴訟の審理継続が決まっている。

「石井敬太」のニュース一覧: 日本経済新聞

🤑 com/gionnixxx) 「中国最強商社」を自負し、毎年100人規模で中国語研修を実施する伊藤忠だが、まだ目立った成果は上がっていない。

5
2018年にはエネルギー・化学品カンパニーのトップに就任した。