ファイブ アイズ。 英国・豪州が誘う日本のファイブ・アイズ加盟 高まる中国に対する不満が背景に(デイリー新潮)

ファイブ・アイズと日本:参加より連携を

👀 詳しくはこちらをご覧ください。

7
それに情報戦で対抗しているのがファイブアイズなのです。 スパイはあなたの周りにもいます。

ファイブアイズとは

🤩 豪州は5G移動通信ネットワークから中国のファーウェイを排除し、新型コロナウイルス感染症についての「中国責任論」を掲げるなど米国に同調したことから、中国から容赦なく報復を受け、経済は戦後最大の危機を迎えている。 「ファイブ・アイズ」への加盟のメリットは、インテリジェンスの次元にとどまらない 「対中包囲網の中核になるのではないか」と注目を集めているのが、「ファイブ・アイズ」だ。

9
ファイブ・アイズ側が日本に接近するのは、それが狙いである。

英語圏の諜報ネットワーク「ファイブ・アイズ」が予言していた「日本」

🙏 河野氏は、中国資本による買収はすでに中国共産党の海外企業に浸透する方法となっており、中国政府がドル経済から独立するために様々な形で国際秩序を変えようとしていると指摘した。 1956年ので英米は対立したが 、協力関係は途絶えずにカナダやオーストラリア、ニュージーランドなどの諸国を加えて 、世界中に通信傍受施設のネットワークを張り巡らせた。

20
2020年8月2日閲覧。

【中国へのけん制】ファイブアイズ 日本の加盟はあるのか?

✍ The National Archives 2010年6月. ファイブ・アイズはデジタル情報を主眼とした枠組みであり、日本に欠けているのは米NSAや英GCHQのような通信傍受の機能である。

5
関係筋は「私も詳細はわからないが、おそらくファイブ・アイズの合同情報組織がメンバー国に向けて提供した文書なのだろう」と語った。

機密情報協定「ファイブアイズ」に日本が加盟表明、中共の脅威対策か

♨ ここで大切なのは、「秘密の共有は、深い信頼関係がなければ成立しない」ということです。 中国の巧みな日米分離策で、成功した暁には日本は全体主義的覇権国家・中国の傘下に入らざるを得ない。 次回は、日本がファイブ・アイズに加わる前提として、外交政策・防衛政策における日本のインテリジェンスの問題点について、お話していきましょう。

もっともらしく聞こえる見解ではありますが、「ファイブ・アイズ」加盟の意味は、インテリジェンスを中心とした提携を単に進めることにとどまりません。 つまり情報をどれだけ掴むのかは大局を分けるほど重要なのです。

日本は世界一のエリート諜報クラブの「第6の目」になるのか

⚠ 主席が国賓来日を予定していた時は尖閣諸島への侵入を控えていたが、延期が決まった後の4月14日以来連続侵入記録を更新した。 日清戦争で中国に足場を築いた日本の権益を脅かすのはロシアと新興国の米国であった。

12
ただしここでの問題は、ファイブ・アイズがどのような情報を持っているか、外からは全容が分からない点である。 もし、秘密が漏洩した場合にも取り締まれないとなれば、日本と機密情報を共有したいと思う国はなくなり、誰どの国も日本を信用しなくなるでしょう。

UKUSA協定

🖕 この発言は義和団事件後に英国が日本に提案した日英同盟にも匹敵するビッグ・ニュースである。 太平洋には米国と中国がともに存在しうる余地があると発言し、またアジアの問題はアジアに任せるようにと中国は米国に詰め寄っていた。 この点を勘案しますと、日本が「ファイブ・アイズ」に加入して「シックス・アイズ」が生まれることで、日米同盟はさらに強固となり、両国はより対等なパートナーになっていく。

12
1946年に米英が同協定のもととなる機密情報共有協定を締結し、50年代までにカナダ、オーストラリア、ニュージーランドが加盟した。

英語圏の諜報ネットワーク「ファイブ・アイズ」が予言していた「日本」

📲 - () CSE• 英米の協力関係は戦後も続き、1946年にはとのに備えて協定を結んだ。 その時点までは、日本はファイブ・アイズの一員となって中国の価値観転換の一翼を担うべきではないだろうか。 英連邦の自治領(The Dominions)• 中国商務省の高峰報道官は翌日、両国は引き続き「一帯一路の枠組みの中で、インフラ、農業、観光、製薬・ワクチン研究開発などの分野において協力していく」と述べた。

12
1990年代に冷戦が終わると、国家間の戦争より麻薬やテロ、密入国、ロシアの犯罪組織などが問題になった。